生命保険 医療費

死亡した際、早急に手続きをしなければならないものの1つとして生命保険があります。
生命保険は、死亡してから2ヶ月以内に連絡をしなければなりません。
保険金請求の書類を送付してもらい記入してすぐに返送しましょう。
こちらから申請しなければ、一切保険金は支払われません。
また通常は2年以内に手続きをしないと権利を消失します。
注意しましょう。
手続きとしては、「死亡保険金請求書」に記入し、生命保険証書、死亡診断書、除籍抄本、印鑑、印鑑証明、
戸籍謄本、振込先口座番号、請求人身分証明書などと一緒に返送します。

 

また病気療養後に死亡した場合など、多額の医療費を支払った場合。
「高額医療費」の申請ができます。
高額医療費はある一定の金額を超えて医療費を支払った場合は、超えた部分が払い戻される制度です。
医療費による家計の負担を軽減しようというものです。

 

被保険者、被扶養者ともに自己負担限度額は所得により設定されます。
しかし高額医療費が自己負担限度額に達しなくても、同一月に同一世帯で21,000円以上超えるものが2件以上ある場合は合算できます。
また高額医療費を過去12ヶ月の間に4回以上支払った場合は、4回目以降から払い戻し金額が変わります。
申請するときは、「高額医療費申請書」に記入し医療費領収書のコピーと印鑑、健康保険証を持参して役所へ提出しましょう。

 

また生命保険に加入している場合、健康保険の自己負担分や入院手当、差額ベッド代など補助してもらえるところもあります。
加入している生命保険会社に確認してみましょう。

 

補助金など、お金に関しては申請期間が限られているものがほとんどです。
お葬式後落ち着いたら早急に手続きするようにしましょう。